老後の小遣い稼ぎ|ふわりん実践中!週6時間で月3万円をゲットする方法

週6時間で月3万円のおこづかいをGET!私の実践しているノウハウを公開しています

*

【老後の小遣い稼ぎ】あなたはどんな案件をゲットしましたか?(文章の構成について)

   

ウェブライティングとは、クライアントが自分のサイトに記事を載せて、インターネットの領域にアップさせるものです。自分が好き勝手に書く日記とは違って、記事の構成が必然的に必要になります。

ウェブライティングのライターとして、最低限知っておきたい記事の構成について解説します。

 

記事の構成とは

記事を書くには、タイトルが必要です。タイトルに対して、その答えが記事だと思ってください。そして、タイトルと記事の内容に、ねじれが生じるのは、もっとも避けたいところです。

 

一般的な記事の構成は、以下のようになります。

 

タイトル

リード文(テキスト)

大見出し

テキスト

中見出し

テキスト

中見出し

テキスト

大見出し

テキスト

中見出し

テキスト

小見出し

テキスト

小見出し

テキスト

中見出し

テキスト

中見出し

テキスト

まとめ

テキスト

 

テキストとは、記事の内容を書いた文章という意味です。

タイトルに沿った、文章構成を具体的に紹介します。

 

タイトル:3か月で太ももが痩せるダイエット方法とは!?

リード文:夏も間近な今、急いで太もも痩せを実現したいと思っていませんか?

大見出し:太ももを痩せに速攻で効果が期待できる運動を紹介

太ももダイエットに特化した、3つの運動方法を紹介します。

  • 〇〇〇
  • ×××
  • □□□

それぞれを、詳しく解説しましょう。

中見出し:〇〇〇の運動法

〇〇〇のおすすめポイントは、・・・

中見出し:×××の運動法

×××のおすすめポイントは・・・

中見出し:□□□

□□□のおすすめポイントは・・・

 

という具合に、タイトルを分解して大見出しを作り、大見出しを分解する形で中見出しを作り、さらに分解するなら小見出しを作るという段階を踏まえたものが、記事の構成です。

大見出しの中に、中見出しが1個というのは、構成的にはあり得ません。大見出しをいくつかに分解するから中見出しができてくるのです。小見出しも同様です。2個以上に分解することができない場合は、大見出しは大見出しのままで良いのです。

 

そして全体がタイトルに対し、真っすぐな柱として見出しが存在することが大切です。場合によっては、記事を書いてから、タイトルを決めたほうが、上手くいくこともあります。

 

構成済みで記事の発注をいただけるときは、こうしたことに頭を悩ませる必要はありません。しかし、キーワードしか貰えないとか、タイトルだけ支持があって、構成は自分で考えてくださいといった注文の時は、こうした構成力が必要になります。

 

リード文とは

リード文は、サイトに訪れた読者が、この記事は読むに値すると判断する材料になるものです。記事には、こんな内容が書いてありますよと分かりやすく説明していたり、悩みを持った人に共感する文章を書くのが普通です。

 

文字数の指定はいただける場合が多いです。しかし、ほとんど200文字~300文字といった少ない文字数の中に、読者を惹き付ける要素をちりばめる必要があります。

 

例えば…「太ももがもう少し細かったら、ボトム選びも幅が広がるのにと悩んではいませんか?そこで、太もものダイエットに特化した、運動方法を紹介します。あまり辛くなく、継続が苦にならないものを、厳選して選んでみました。早速今日から、一緒に頑張ってみましょう!」

 

悩んでいませんか?と、読者に問いかけて興味を引いています。辛くない、苦にならないという点を押すことで、できるかもしれないと思ってもらいます。さらに、一緒にという誘いで、筆者も同じことを考えているらしいと仲間意識をもってもらいます。

 

こうした内容は、ほとんど慣れの部分でもあるので、決して難しいことではありません。最初は戸惑うかもしれませんが、コツのようなものをつかめば、誰にでも書けることです。

 

もちろ、、記事の内容は、リード文に沿ったものでなければいけません。

 

まとめとは

この記事には、こんなことを書きましたといった内容を、念押しのような形で書くのが普通です。

 

例えば、「太ももダイエットに特化した、ツラくない運動法を紹介してみました。これならできる!と思った方も、多いのではないでしょうか?大切なのは、続けることです。絶対、勝ち組になりましょう!自分の努力は、決して自分を裏切らないと信じて、頑張りましょうね」

 

これならできる!と思った方も多いという言葉をいれて、流し読みしかしなかった読者に、きちんと読んでみようと思ってもらえたらという意図です。

 

100文字~300文字といった指定が、クライアントからあるかと思います。文字数は、あくまでも目安ですが、大きく逸脱しないように気を付けましょう。

 

まとめ

一般的な記事の構成を、紹介しました。もちろん、クライアントの求めに応じて、記事の構成は変わってきます。

 

自分で記事を書く場合は、最初に構成を作ってしまったほうが、記事のねじれを防げます。タイトルに対し、記事の内容がねじれている場合、自分で読み返しても、消化不良のような印象を持つのが普通です。

 

最後に気が付いて書き直しが発生すると、とんでもないロスに繋がりますので、記事の構成はしっかり覚えておいてくださいね。

 

この後は、実際に記事を書くという内容になっていきます。時は金成!を実践する方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 - 60歳からの生活, 月3万円の小遣い稼ぎ