老後の小遣い稼ぎ|ふわりん実践中!週6時間で月3万円をゲットする方法

週6時間で月3万円のおこづかいをGET!私の実践しているノウハウを公開しています

*

【老後の小遣い稼ぎ】本格的なプロジェクト案件に応募してみよう!

   

今では、週6時間で月3万円を小遣いを、サクッと稼ぎ、好きな旅行の費用にしている私ですが、最初にプロジェクト案件に応募するときは、とにかくドキドキでした^^;

もちろん、不合格となった案件もありますし、思いもよらず、高単価案件に合格をいただいて、小躍りしたこともあります。

そんな私が、応募の際に気を付けていることを紹介します。ただし、同じように応募しても、必ず合格するというものではありません。意識して応募することで、合格率が上がる可能性がありますという程度ですから、ご了承くださいね。

 

クラウドワークスでプロジェクト案件に応募してみよう【案件の選び方】

プロジェクト案件は、一気に数記事以上、多い時は100記事というのもありますし、長期案件もあります。現在、私が書かせていただいているクライアント様とは、すでに1年のお付き合いをさせていただいています。

 

長期案件、大量案件を書かせていただけると、案件を探し応募して合否の連絡を待つといった時間が必要なく、生活の中に仕事の時間をスムーズに振り分けていくことができるので、仕事が無いといったストレスを感じることがなくなります。

 

できれば1度の応募で合格をいただくことが理想ですが、初心者はそう上手くはいかないことが多いのは当然のことだと思っておいてください。

 

応募する案件は、募集条件の中に、初心者可とあるものに絞り込みます。できれば、募集人数が少ない案件のほうを、私個人としてはおすすめします。私の経験値から、クライアントと密に連絡を取りつつ、勉強をさせてもらうことができるといったメリットを感じることが沢山ありました。

たまに初心者可、応募いただいた方は全員採用という案件もあります。中には怪しいものもありますが、覗いてみてから判断しても良いかとは思います。

 

文字単価には、最初から拘らず、まずは使い方に慣れたり、達成感を得たりするのが先決です。0.2円程度の記事を数記事書いて、ある程度自分の技量を判断したうえで、0.5円あたりの案件に応募してみるといったように、ステップアップを意識したほうが楽だと思います。

 

また、クライアントの中には、最初は0.2円スタートでも、途中で単価アップも検討しますといったコメントを、募集要項に記載している人もいます。サイトが育ち、収益が上がるに従い、本当に単価アップをしてくれるクライアントも沢山いますので、侮ってはいけません。

 

自分の得意なジャンルを狙うのが一番妥当ですが、それが無い場合もあります。そんなときは、書けるかも…といった気がしたら、取り合えずは応募してみましょう。

 

先々、このブログの中で、記事を書く際の情報収集の方法や、早く書くコツを紹介していきますが、それを実行することで、高い専門性が必要な記事以外は、おおむね書けるようになります。

 

クラウドワークスでプロジェクト案件に応募しよう【応募の仕方】

応募したい案件が決まったら、応募ボタンを押してください。必要条項を記載したら、いよいよ応募文の作成です。

 

クラアントの募集内容の中に、ワーカーのこれを知りたいといった内容があれば、必ず書き込みます。

 

例えば、今まで提出したことのある記事を見せてくださいといったものが、それにあたります。その場合は、先のクライアントに提出済みの原稿を提出するか、すでに先のクライアントのサイトにアップされているものが分かれば、そのurlをお伝えします。

 

何もないときは、自分がいつも書いているブログでもかまいません。それさえも無い人は、Googleドキュメントに、それようの記事を作っておくことをお勧めします。

 

Googleドキュメントに2000文字~3000文字程度の記事を作成しておき、共有でurlをしる全員が閲覧できる状態にしておきます。そのurlを応募の中に添付し、クライアント様に提出します。

では、応募文全体を考えてみましょう。

 

まずは、「はじめまして。貴案件にぜひ参加させていただきたく、応募いたしました」といった、冒頭のあいさつから入ります。

 

次に、「お問い合わせの件、提出いたします」と、クライアントが知りたい内容について答えます。答えは最初に!というのが鉄則です。

 

そして、案件に興味を持った理由を簡単に書いてアピールします。自分が作業できる週あたりの時間や、月に提出できる記事数なども、一緒に伝えておきましょう。

 

最後に、自分のプロフィールが見られるurlを記入します。一緒にお仕事をさせていただけるのを、楽しみにお待ちしておりますなど、最後の〆を書いて、送信します。

 

長すぎる文章や、ダラダラと意味が分かりにくい文章はNGです。伝えたいことを手短に、しっかり伝えるのが好印象を持っていただくコツです。

 

まとめ

私ごとですが、現在進行形のクライアント様から、現在の@1.2円の記事のほかに、@2円の記事のご依頼をいただきました。こんな風に、少しずつでも進歩を実感できるというのは、とてもありがたいものです。

 

年齢に関係なく、成長できるというのは、やはり張り合いを感じます。あなたもぜひ、挑戦してみてください!

 - 60歳からの生活, 月3万円の小遣い稼ぎ