老後の小遣い稼ぎ|ふわりん実践中!週6時間で月3万円をゲットする方法

週6時間で月3万円のおこづかいをGET!私の実践しているノウハウを公開しています

*

【老後の小遣い稼ぎ】妹も参戦しました(笑)まずはやることはタスク案件!

      2021/02/05

実は、昨日、妹にも直接伝授をしてきました。妹は、私の自宅から、車で1時間ほど走った別荘地で、猫2匹と暮らしています。このコロナ禍で仕事の受注が思うようにいかず、生活費がなくなるというSOSがきたのです。

そこで話した内容と、今日の記事は同じです。まず最初にやるべきことを紹介します。

 

月3万円の小遣い稼ぎ最初の一歩目【プロフィールを充実させる】

クラウドワークス
にログインしたら、まずはアカウントを作成しましょう。

アカウント作成が完了したら、次は自分のぷリフィールの作成です。自分のアピールポイントを、余すことなく、端的に、分かりやすく書きます。ここで文章がダラダラしてしまうと、文章力そのものを疑われますので、気を付けてください。

 

文章は、難しい言葉を使う必要は、まったくありません。意識したいのは、小学生でもわかる言葉です。文書の長尺も、どちらかというと、短い方がリズムが生まれ、読み手側が読みやすくなります。

 

主語と述語をできるだけ離さないこと。副詞、動詞、形容詞、形容動詞などの修飾語は、それをかけたい単語の近くに置くことが大切です。

 

文末は、です…です…です…と続くと、文章の雰囲気がのっぺりした印象になります。です、ます、でしょう、でした、かもしれません…など、できるだけ意識して使い分けるようにしましょう。

 

また、「、」の位置に注意しましょう。自分で読んでみて、「、」の位置に問題がないか、多すぎないか、少な過ぎないかを検討する習慣をつけると、とても役に立つと、実践している私は思っています。

 

他の人のプロフィールを読んで、この形が良いなぁと思うものがあれば、真似をしてみるのも方法の一つです。

自分には、際立ったスキルなど無いと思っていませんか?そんな人は、自分の棚卸が即座に出来ていないだけという可能性があります。

 

例えば女性の場合、子育て経験はありませんか?仕事と家のことを、遮二無二頑張ってきませんでしかたか?料理が得意とか、ガーデニングや編み物が趣味、家事全般何でも聞いて!というくらい得意だったりしませんか?

 

男性の場合、趣味はゴルフ?釣り? パソコンが使えなくて、困った経験はありませんか?それを使えるレベルまで、試行錯誤したことが、初心者にはスキルとして歓迎されます。初心者の気持ちが理解できるという強みを、得意として表記してみましょう。

 

実際は、こうした得意なこととは関係なく、仕事と割り切って色々書いていくことになると思います。でも、最初に自分の棚卸をしておくと、最初の仕事を見つけるときに、とても役に立ちます。

 

実際、このプロフィールを、クライアントがどの程度、見てくれるのかというと…あまり見てはくれていないと思います。

 

ただ、クラウドワークスには、スカウトという機能があり、クライアント側からライターを探して声をかけてくれるのですが、そうした場合はとて効果があるのではないかと実感しています。

 

プロフィールの中で設定できる「本人確認」や、「NDA締結」なども、しっかりしておいてください。NDA締結とは、守秘義務を含めた秘密保持の契約のことです。

 

クライアントによっては、この守秘義務を個別に締結することになる場合もあります。

 

月3万円の小遣い稼ぎ次の二歩目は!【★とありがとうをゲットするために】

プロフィールを作成したら、さっそく仕事を探してみましょう。前に紹介した絞り込み検索を使って、お仕事探しをすると、自分にあった仕事が見つけやすくなります。

 

それなりの金額を稼ぐためには、まずは信用を得ることがとても重要です。それを表示しているのが、★とありがとうです。

 

★星は、お互いの仕事が終わると、それぞれを評価し、場合によってはコメントをいれたりもします。そのコメントを読んで、クライアントがワーカーに向き合う姿勢がなんとなく掴めるのですが、クライアント側もワーカーの人となりを、それで確認していることと思います。

 

一方、ありがとうは、仕事終了時にポチすることが多いですが、クライアントの優しい対応や、分かりやすい説明、また一緒に仕事がしたいといった、感謝の気持ちを伝えたいときに送ります。

 

仕事はきっちりしていたけれど、上から目線でやりづらいと感じた時などは、★は5個つけるけど、ありがとうは無いといった印象です。

 

同じように、クライアントもワーカーに対する良い印象を、ありがとうで伝えてくれます。

 

案件の中には、ありがとう30個以上の人のみ応募してくださいといった場合もあるくらい、もしかしたら、★以上に大切かもしれません。

 

仕事を始める最初の意図は、この★とありがとうを集めることからスタートします。

 

それには、タスクと分別される仕事がおすすめです。アンケートの応えて100円とか、旅行した場所の感想を書いて1000円といった、単発の仕事をタスクと言います。

 

これを次々とこなして、ありがとうと★をゲットしてください。もちろん、クライアントにも、★とありがとうを伝えることを忘れずにしましょう。

 

私の場合、このタスクから、プロジェクトに切り替えてくださり、長期案件に繋がったというケースもあります。

ある程度仕事をすすめて、クラウドワークス内の使い方や、雰囲気などが分かったら、次はプロジェクト案件を探してみましょう。次回は、プロジェクト案件を手掛けるために、覚えておきたいことを紹介します。

 

タスク案件の注意点

やっぱり少しでも単価の高いものをと思ってしまうのは、当然のことだと思います。しかし、タスク案件の募集要項を、最後までしっかり読んでください。3000文字を1時間で書かないと、自動的に終了してしまうものなど、眼を疑うような募集があります。

 

実際、調べながら3000文字は、1時間ではかなり難しいと言わざるを得ません。だったら、200文字100円を1日10個も書いていけば、1000円になります。勉強させてもらって、お金をもらっていると思えば、良い経験になります。

 

また、クラウドワークスの雰囲気や使い方も、タスクを重ねるうちに分かるようになります。せっかく書いている案件が、自動消滅する悲しさは、かなりやるせないものです。

 

こうした失敗をしないよう、作業開始ボタンを押す前に、しっかり募集内容を把握しましょう。

 

もし途中まで書いて、難しいと感じたら、そのまま放置しておけば、自動的に作業が終了します。クライアントに知られることも、自分の実績に汚点が付くこともないので、まったく心配はありません。

 

 

まとめ

冒頭に紹介したように、妹も今プロフィールを作成中だと言ってきました。妹の成果も、気になるところです(笑)フルタイムライターとして活動できる彼女は、すぐに私の小遣い稼ぎを抜いてしまうかもしれません。

 

文章を書くことは、決して難しいことではないということを、これからお伝えしていければと思います。

 

CrowdWorks(クラウドワークス)

 - 60歳からの生活, 月3万円の小遣い稼ぎ