老後の小遣い稼ぎ|ふわりん実践中!週6時間で月3万円をゲットする方法

週6時間で月3万円のおこづかいをGET!私の実践しているノウハウを公開しています

*

【老後の小遣い稼ぎ】クラウドソーシングを実際に使ってみた感想

      2021/01/17

週6時間で月3万円をの小遣いを稼ぐ方法として、私はクラウドソーシングを利用しています。4か所のクラウドソーシングサイトに登録しましたが、現在利用しているのは1社だけです。

やはり自分との相性や使いやすさは、続けるためには重要なポイントだと思います。個人的な感想にはなりますが、実際に私が使ったクラウドソーシング4社の比較をシェアしたいと思います。

 

サグーワークス

公式サイトは、こちらです。

サグーワークスから、プロの認定をもらえれば、それなりの稼ぎができるのかもしれません。月間の収入トップ10が発表されますが、10万円をこえればベスト3に入れそうな感じです。

 

使ってみた感想としては、あまり良い印象ではありませんでした。

 

まず、文字単価が安いこと。その割には、要求されることが多かったり、時間制限があったりで、じっくり調べて書くの難しい状態でした。

 

なんとか提出しても、不合格となると、そのまま記事は廃棄されます。フィードバックとして、不合格の理由はもらえますが、書き直して再提出といったことができない分、初心者に一発勝負はきつかったです。

 

shinobiライティング

公式サイトは、こちらです。

ここも文字単価が安いという印象があります。案件が全然無い状態の時期もありましたし、案件を探しづらいと感じました。また、書けそうという気がしなくて、なかなか積極的なトライができませんでした。

 

ランサーズ

業界最大手の老舗です。ライティングだけではなく、オンラインでやり取りができる仕事全般を扱っています。公式サイトは、こちらです。

使い勝手が悪いわけでもなく、ライティング案件も沢山あり、文字単価も幅が広くて、最初はこちらで数記事を書かせてもらいました。案件に対し応募し、クライアントが、自分を選んでくれれば仕事がもらえます。

 

ただ、数記事の仕事の跡は、なぜかいくら応募しても、ランサーズ事務局から「クライアントがこの案件を辞退しました」というコメントばかりで、仕事に結びつきませんでした。

 

不合格とかいうなら、原因を探すなり、自分なりの工夫をするなりできますが、案件を取り下げたという連絡に嫌気がさしてしまったのです。

 

クラウドワークス

公式サイトは、こちらです。ランサーズと並ぶ2大クラウドソーシングサイトです。現在、私は主にここで仕事をいただいています。

 

使い勝手の良さ、案件の多さに加え、相性が良いのか、割とスムーズにお仕事をいただくことができています。プロ認定というシステムもあり、1級になれば案件もより高単価のものをゲットできるのかもしれません。

 

現在の私は、初心者向け案件に応募するようにしています。文字単価は、0.1円~2円くらいまであり、難しすぎる要求もなく、自分の時間を大切にしつつ作業ができるので気に入っています。

 

良かったら、一度クラウドワークスを覗いてみませんか?

 

まとめ

60歳を過ぎてくると、自分はどう暮らしたいのか、何を大切にしたいのか、そんなことを思うことが多くなったように感じます。健康こそが一番重要なポイントだと思うので、座りっぱなしの長時間ライティングはおすすめしません。

 

次は、クラウドワークスについて、詳しくお伝えできればと思います。

 - 60歳からの生活, 月3万円の小遣い稼ぎ