ふわりんのレビューブログ

人生はレビューである♪ 私の好奇心をエネルギーに日常を切り取ってレビューしまくりのブログです

*

巷でうわさの「ダイソー 珈琲ミル」500円を買って使ってみたよ

   

ダイソーで珈琲ミルを売っている!

しかも500円で!!

というので、早速買ってみました。

 

コーヒーミルは刃が命!

これは本当に真面目な話です。

500円で買っても、数回で刃がボロボロでは、話になりませんよねww

 

私がコーヒー買いに通っている焙煎所・ひつじ珈琲のイケメンオーナー情報ですが、実はこのダイソーのコーヒーミルは、あのオーシャンリッチのミルと同じ刃ということです。

さすがに500円で販売しているミルなので、公表はされていませんが、業界では知られてますよ・・・とのこと。

それが真実だとすれば、刃はセラミックということになりますね。

なんか良くね!?(笑)

 

ダイソー 500円コーヒーミル 開封の儀

 

では、開封します!

このハンドルは、ミルとして豆をカリカリするときは最長に伸ばし、しまうときはこの位置。

開けるときは、左に回します。

矢印を下の〇に合せると、コーヒー豆の挽き具合を調整できます。

私は真ん中で挽いてみました。

大きさは、350㏄の缶より、全体に一回り大きな感じです。

 

ダイソー 500円コーヒーミルの問題点

コーヒー豆を入れるハンドル部分を開けるのが、かなりキツイ^^;

太さが350ml缶より大きいのと、丸くてすべる形だから、手の小さな女性にはツライかも知れません。

〇で囲んだ部分をカチッとはめたり外したりして開閉しますが、最初は全く開きませんでした。

ちなみに、私の手は大きいほうですが、あまりの硬さに夫に開けてもらったくらいです。

何度か開閉を繰り返すと、自分で開けられるようにはなりました。

 

きちんと固定していないと、ハンドルが安定しないので、仕方がないところだとは思いますが。

 

ダイソー 500円コーヒーミルで一度に挽ける量

ダイソーの500円コーヒーミルは、下の挽いた豆を落とす部分は十分ですが、コーヒー豆自体は一度に沢山入れることはできません。

コーヒーの粉を量る軽量スプーン1杯分の豆がギリです。

今回私は2回に分けて、スプーン2杯分のコーヒー豆を挽きました。

粉になった状態では、軽量スプーンで2.5杯ありました。

軽量スプーン1杯分の豆を挽くのに掛かった時間は4分。

 

けっこう疲れましたww

だから電動にする人が多いんだなぁと、改めて実感です。

ただ電動ですばやく豆を挽くと、そこに熱が発生し、豆の味が落ちるといわれています。

私のように、週末だけ本格的なコーヒーを飲むという人には、ダイソーの500円珈琲ミルで十分だと思いました。

 

ダイソー 500円コーヒーミルのお手入れ

刃がセラミックということで、普通に水洗いができます。

細かい豆の破片が挟まっていたりしますが、爪楊枝の先でチョッと押すと簡単に取れます。

後は干しておけばOK!

お手入れが楽なのは必須ですから、これは良いと思います。

 

まとめ

コーヒーを粉で買っていた我が家は、味や香りの劣化が気になっていました。

週末しか飲まないし、私が淹れないと誰も自分で淹れようとしないし・・・ミルまで買う必要はないよねぇと、自分を説得していた状態でした。

 

でも、500円なら! と、迷わず購入。

ハンドルくるくるは手が痛くなりますが、週末の朝、テレビを観ながらカリカリを楽しみたいと思います。

 

 

 - お役立ちコンテンツ, キッチンツール, クッキング, 雑貨