ふわりんのレビューブログ

人生はレビューである♪ 私の好奇心をエネルギーに日常を切り取ってレビューしまくりのブログです

*

何をやっても「 hello! my name is 404」って何?

      2020/03/08

hello! my name is 404って、なに?

こっちは真っ青になるレベルなのに、 hello! って…と呆然としつつ、対策をあちこちググってみました。

まずは状況から説明しますね^^;

404エラーが出た状況を時系列で

同じ状態であれば、解決策になるかと思います。

最初はワードプレスを更新しようとしたら、phpが最新ではないというエラーが発生したのが始まりでした。

これはサーバーで修正し、記事の投稿もできたのですが、その際、プラグインを2つ入れていたのです。

得にその時は、問題はありませんでした。

そして今日、新規記事を書き始めて少しすると、「更新できませんでした」というエラーメッセージ。

下書き保存のボタンを押すと、保存されたようなので安心していたのですが、実際は全く保存されてはいませんでした。

プレビューを観ようとすると、Wの文字がくるくると・・・

今までのページはしっかり表示されるのに、なぜ???

調べた結果、WP5以上のエディター機能が原因かもとありました。

そこでクラシックエディターのプラグインをインストールして有効化。

結果、下書きの保存はできたのですが、プレビューしてみると「 hello! my name is 404」

私の名前は404って、そりゃ無いよねww

試したけど効果がなかったこと

404エラーを対処すべく、ググって試して効果がなかったのが次のようなことでした。

①パーマリンクを修正、または変更する。

②最近入れたプラグインを消す。

③テーマを変更する。

⓸WordPressのURLとサイトURLを同じにする。

⑤キャッシュをクリアする。

⑥PC自体を再起動する。

最初は新しいプラグインが原因かと思ったのですが、そうではなかったみたい。

やれることがない・・・と思った瞬間、ひらめきました!

これかも‼と思ったことを実行したら、即解決(^_^)v

その方法とは!?

WordPressの「 hello! my name is 404」を解決した方法

ずいぶん前ですが、URLを、httpからhttpsに変更していました。

どちらでもサイトが表示されるので、特に問題はないのかと思っていたのですが、実はそこが肝だったようです。

ダッシュボード→設定→一般の中に、WordPressのURLとサイトURLを表記するボックスがあります。

両方に「s」を入れて、https://としたら、速攻解決しました!

httpというURLは、グーグルボットのデータから削除され、httpsに上書きされていたんですね。

ダッシュボードにあるURLを変更する必要があることまで、まったく思いつきませんでした。

404エラーの意味

404エラーとは、このURLは存在しませんよ! という意味です。

パーマリンクの生成が上手くいかなかったりすると発生するというのが、代表的な例になります。

URLの何かが違う…それを念頭に置いて、原因を探し出す必要があります。

サーバー側には、ほぼ関係のないエラーのことが多く、自力解決しか無いのが現状。

同じような事象にぶつかった人の、参考に慣れたら幸いです。

 - お役立ちコンテンツ, 雑学