ふわりんのレビューブログ

人生はレビューである♪ 私の好奇心をエネルギーに日常を切り取ってレビューしまくりのブログです

*

【映画】Fukushima50観た感想と所長・吉田さんについて

   

Fukushima50を観てきました。

平日だったので、席が潤沢にあり、出来るだけ座席を開けて座るよう気を付けながらの鑑賞でした。

彼らがいなかったら、私は今の生活を、東日本大震災前と同じ場所で、送ってはいられなかったのだ! というが、感想です。

今騒いでいる「コロナ」のことも、まったく知らずに天国にいたかもしれません。

あの震災の日、電気が不通になり、寒くて怖くて…唯一繋がっていたツイッターで、友達と連絡を取り合いながら過ごした夜。

彼らは東日本の壊滅阻止のため、飲まず食わずで、命をかけて戦ってくれていたことに、今更ながらに感謝です。

 

Fukushima50のあらすじ

ネタバレしない程度の、あらすじを紹介します。

2011年3月11日、午後2時46分、東日本大震災発生。

マグニチュード9.0。最大震度7。

東日本の太平洋側は、想定外の大津波に襲われました。

福島県いわきにある、福島第一原子力発電所(通称イチエフ)も、例外ではありませんでした。

地震には持ちこたえたイチエフですが、津波により電力を喪失したことで危機に見舞われます。

核燃料は冷やし続ける必要があります。

燃料から発生する高温の熱に水を加え、発生する膨大な量の水蒸気でタービンを回し電気を発生させるのが、そもそも原子力発電の方法です。

この核燃料に冷やすための水がなくなった場合、核燃料はそれを包む容器ごと溶かし、外へと流れ出ます。

大量の放射能をまき散らす、メルトダウンという現象を引き起こすのです。

電力がない状態で、これをどうやって阻止するのか、それが彼らの急務でした。

映画の中で、当時の総理や枝野さん、東電のトップに近いと思われる人物たちも描かれています。

当時の首相って誰? っていうくらい、影が薄くありませんか?

調べてみたら、菅直人さんだったようです。

むやみにあたふたするだけで、邪魔以外の何物でもなかったことが、滑稽すぎますww

短命内閣だったのも、うなずけますね^^;

そして東電のお偉いさん、ムカつくわぁ!

演じているのが篠井英介さんだから、余計かもしれません(笑)

虎の威を借りて偉そうにする嫌味な奴を演じたら、右に出るものがいないくらいの俳優さんですよねww

<h2>もし‟イチエフ”のメルトダウンが起きていたら…</h2>

彼らが福島第一原発を放棄していたら、それは東日本の壊滅を意味します。

官邸では当時、そのためのシュミレーションがあ行われていたとありますが、果たして?

壊滅するのは、福島第一原発から半径250㎞。

東京を含む関東の殆ど。

秋田・岩手の一部と青森を除く東北地方。

山梨や長野の一部も当てはまります。

避難対象人口、5000万人・・・もちろん、私も含まれます。

そんな危機的状況にあったのに、政府からの避難勧告はありませんでした。

当然ですが、これだけの人数が避難できる場所は、日本にはありません。

放射能を浴びて、死んでくれというのが、当時の政府の対策だったのでしょう。

政府とは、そんなものかと、思わずため息を漏らしながら、今回の映画をみてきました。

救国の英雄・吉田所長について

渡辺謙さんが演じた、所長・吉田さんについて、英雄というのはどうか…という意見もあります。

なぜ? そう思ったので、調べてみました。

海水の注入は遅かったかも…

吉田氏を有名にしたのは、東電の当時のお偉いさんの命令に背いて、海水の注入を断行したという点においてでした。

しかし実際は、この計画は、本来の意味では効果がなかったそうです。

映画を観ても分かりますが、海水が注入されたのは、翌日でした。

実は地震当日の深夜には、原子炉の水は空になっていて、燃料棒はむき出しの状態になっていたのです。

そこに水を入れたことで、ジルコニウムと水が化学反応を起こし、炉心溶融が始まってしまったのです。

ただ熱を発し続けてコンクリートも溶かし、外にあふれだそうとする核燃料を、水を入れることで止めたのは間違いありません。

津波対策をつぶしたのは、吉田さんだった

吉田氏は原子力設備管理部長だった2008年6月に、社内の土木調査グループから、福島第一原発の敷地南側で15.7mの津波が発生する可能性があるという報告を受けたという事実があります。

しかし吉田氏は、これに対する対策はしませんでした。

しかもコストダウンの名目のもと、原発のメンテナンス事態も怠っていたという報告があります。

添田孝史著『原発と大津波 警告を葬った人々』の中で、明確に吉田所長の名前が記されています。

まとめ

後からとやかく言うのは簡単です。

吉田氏も東電の一サラリーマンですから、ある程度は会社の意図を汲んで動く必要があったでしょう。

それらも踏まえた上で、「死を覚悟して踏みとどまった」ことに、価値があると思います。

それによって、私はここに生きている。

今までと変わらず生活し、笑ったり泣いたり、愚痴ったり…酒を飲み過ぎて自業自得の二日酔いに苦しんだり、花粉症で目がかゆいと喚いたりすることができる。

これからも同じような天変地異があるだろでしょう。

その度に英雄が現れるとは限らないのです。

コロナであたふたしている日本政府に、いったいどれだけ国民を守ろうという意思があるのか…不安です。

 - 本・映画・DVD