老後の小遣い稼ぎ|ふわりん実践中!週6時間で月3万円をゲットする方法

週6時間で月3万円のおこづかいをGET!私の実践しているノウハウを公開しています

*

クリ―ピー偽りの隣人を観てきた感想

   

クリ―ピーも、そろそろ公開終了かなぁと思って
慌ててレイトショーを観にいきました。

映画館はさすがに人が少ないww
IMG_4246

西島俊之さんが好き^^
ちょっと鼻が大きいなぁと思いながら、いつも眺めています(笑)

今回のクリ―ピーは、サイコパスの犯罪者をテーマにしたもの。
西島さんが、大学の講義の中でのセリフに
「サイコパスには3つの型があると分かってきた。
 秩序型・無秩序型・それを併せ持った混合型」

で、私はそのセリフを起点に、今回の映画を観ました。
映画の中で香川さん演じる犯罪者は、秩序型だと思いました。
同じ家の配置、同じ殺し方、同じパターンで心を乗っ取る手法。

だから、最後のころは、終了時間との関係で
最後のシーンがほぼ想定できてしまうのですが・・仕方ないか(笑)

まぁ、そこそこ不気味な映画でした^^

クリ―ピーの意味

クリ―ピーとは、気味が悪いという意味だそうです。
クリ―ピー偽りの隣人で、気味の悪さが倍増したのは
一重に香川さんの怪演?のおかげですね(笑)

あの顔が、あの目が、上目使いでドアの隙間から睨むんですよww
そりゃぁ、ぞっとしますよねぇ。。
しかも、今回はキャラの設定のため、歩き方まで変えてましたよ。

クリ―ピー偽りの隣人の原作

日本ミステリー大賞新人賞を受賞した前川裕さんの作品。
原作は、映画よりもう少し複雑な人間界から成り立っていて
深みが違う内容となっています。

クリ―ピースクリーチという、クリ―ピー偽りの隣人の続編が発行されています。
スクリーチとは、高音速のジェット機などが起こす高音の雑音を意味します。
気味の悪さが倍増して、耳障りな領域になっているのかも。。

 - 未分類